肌に優しいおしりふきを選ぶなら|使われている成分を要チェック

何を選ぶか

便利なものがあります

あかちゃん

日々おむつ換えが必要な赤ちゃんとママ・パパにとって、気になるのがおしりふきです。
おしりふきは、おむつを替える度に使うものです。
産まれてすぐから使うものなので、プレママ・プレパパのうちに用意しておきたいものです。
専用のものでなくても水でぬらした脱脂綿(コットン)でおしりをふくことができます。
おしりふきは一日に何度も使うものです。
毎回脱脂綿を水でぬらしていると赤ちゃんを待たせてしまうので、一日分をまとめて準備しておくと便利です。
ぬらした脱脂綿は密閉できる容器に入れておきます。
容器はカビが生えないように、使い終わったら洗ってよく乾かします。
おしりふきは市販のものもありトレンドになっています。
ウェットティッシュのようなもので、専用の容器もあるため詰め替えて使用することができます。
その便利さ清潔さから利用する人が増えています。
価格も手ごろだというのも人気の理由です。
おしりふきはおむつ替えのたびに使うものなので、詰め替え用を買い置きしておけばママ・パパの負担を減らすことができます。
成分は気になるところです。
使っている成分がほぼ水と同様という商品があります。
赤ちゃんの肌に使うものなのでやさしいものがよいということで、とても人気があります。
脱脂綿を水でぬらしたものは水が多すぎると水がたれることがあり、水がすくなすぎるとうまく拭けないことがあります。
それに比べて水を含んでいるおしりふきは、適度な水分量であるためきちんと拭いてあげることができます。

保湿成分の有無も確認

親子

赤ちゃんのお世話グッズに欠かせないのがおしりふきです。
赤ちゃんの肌は敏感なので刺激の少ない物を選んであげたいですね。
しかし、おしりふきはたくさんのメーカーからさまざまな商品が出ていてどんなものを選んでいいかよくわからないと思います。
まず、おしりふきにはトイレに流せるタイプと流せないタイプが今現在販売されています。
月齢が低いうちは使用済みのおしりふきをおむつにくるんで一緒に捨てることが多いので流せないタイプでもあまりストレスを感じません。
トイレトレーニングが進み、トイレでうんちができるようになると流せるタイプが便利なことが多いようです。
おしりふきを選ぶ上で以外と重要なのが厚みです。
厚めの製品は緩いうんちの時でも一枚で引き取ることができ、手間が省けて地球環境にも優しいです。
逆に薄めの物はリーズナブルというメリットがありますので好みで選びましょう。
保湿成分の有無も選ぶ基準です。
赤ちゃんの肌は大人と比べるととてもデリケートで乾燥などにとても弱いです。
洗浄成分の入ったおしりふきで拭いたままにすると簡単に傷ついてしまいます。
さらに、傷ついたところにおしっこやうんちが付着するとかぶれや皮膚病の原因にもなります。
ですので、おしりふきは水分量が多くてヒアルロン酸などの保湿成分を含んでいるものを選ぶことが大切です。
おしりふきはベビーグッズのなかでも軽視されがちですが赤ちゃんの成長にあわせて適切な物を選ぶことが必要です。

アルコールの含有量

赤ちゃん

おしりふきは、自力では排泄物をうまく処理できない赤ちゃんにとって、必需品と言えます。
おむつの中で排泄物が広がっていたとしても、おしりふきを使用すれば、肌を手軽に清潔な状態に戻すことができるのです。
というのもおしりふきには、油分を溶かすアルコールが含まれているからです。
赤ちゃんは脂質の多い母乳やミルクを飲んでいるため、排泄物にも必然的に脂質が多く含まれています。
そのため排泄物による汚れは、油汚れと同じように本来は除去しにくいのですが、おしりふきならアルコールの力でスムーズに除去できるのです。
しかしアルコールは、赤ちゃんの肌表面をガードしている皮脂をも除去します。
そのため使いすぎると、皮脂が不足しがちになることから、赤ちゃんの肌ではトラブルが発生しやすくなります。
たとえばおむつかぶれや汗疹も、皮脂が少なくなることが原因のひとつとなっているのです。
そのためおしりふきは、アルコールの含有量が少なめのものを選んで使うことが大事です。
ベビー用品店で販売されているおしりふきのほとんどが、99%が水分となっているので、安全に使用できると言えます。
おしりふきがなくなった時に、ウェットティッシュや消毒用のアルコールを染み込ませたティッシュを代用することは厳禁です。
アルコールによる過度な刺激を、赤ちゃんの肌に与えてしまう可能性があるからです。
また、より安全性の高いプロピレングリコールを、アルコールの代わりに配合したおしりふきもあります。
ノンアルコールなので、肌が特に弱い赤ちゃんに、よく使われています。